[嬉し恥ずかし]福島民報に中潟が紹介されました[中の人]

こんにちは!!

逢瀬町に手ぶら移住を果たして二年と半年になりました、中潟です。

久しぶりに中の人の出来事を更新します。

えーっとですね、自分で言うのもあれですが、「福島民報」様に取材をしていただきました。久しぶりのメディア!!

いつもお世話になっている記者様に何かの折にお会いした際に「また取材してくださいー」と言ったら次の週くらいにほんとに連絡を下さって。この距離感が郡山のいいところの1つですねー。嬉しかったです。とっても!

で、最初我が家に来てくださったのですが、自分で言うことじゃないですがとっても何もない家なので「ここでなんかやってる感を出すのはむずいっすよ?」ということで「なんかやってる感と逢瀬町感」の出るなんだべ村へ移動!!我が家ももうちょっとそれっぽくしたいなあと思いました、、

そんでもって、取材が始まったわけですが特に話すことないけどなーと思っていたのですが、そこは流石記者様でした!どんどん引き出してくれました。こっちも調子に乗ってペラペラしゃべっちゃいました、、自分のやってることを口にすることは大事なのだなと思いました。

完成した記事を見たときは自分で言ったことでしたが、書く人が書くと素敵なこと言ってるっぽくなるなーと恥ずかしくなっちゃいました。

「どちらの生活も好き」っていう言葉をピックアップしてくれていて、読み直してまさしくそのとおりだ!と思いました。移住直後は逢瀬町大好きマンで「東京なんて人がいっぱいいてみんなせかせかして大変だぜ!のんびりしたこっちに移住してよかった!!」と思っていましたが、最近になって人生で初めて離れた地元を客観的に見ることができるようになり、そうすると「やっぱいいところだよなー」って率直に生まれ故郷に対してポジティブな気持ちを覚えます。都会が嫌いだから地方に来たって人より都会も好きだけどこっちのほうがもっと好きだから移住しちゃいました!ってほうが良くない??中潟はそんな感じです。

福島も東京も大好きマンにした中潟ですが、最近は「~~~水は東京湾に~~~」系の話になると嫌だなーと思っちゃいます。そんな話の時はカンムシで遠くを眺めることにしています。笑

せっかく取材してもらって何にもしないってのは無しなので、今後はもっと良い中潟になるべく逢瀬町にどんどん貢献していきたいと思っています。というのは建前で(実際そんな偉そうなこと言えない)、本音は逢瀬町に中潟を育ててもらって皆様が自信をもって出荷できる中潟になりたいと思います。

よろしくお願いしますー

“[嬉し恥ずかし]福島民報に中潟が紹介されました[中の人]” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です