【袋とじ】クリスマスイブの怪しい集合写真の謎【逢瀬町商工会青年部】

メリークリスマスです!

中潟です。

今日は内緒の内緒のお話です。もしかしたら怒られるかも、、

怒られるの承知でご紹介します。

クリスマスイブの夜商工会青年部と中潟が何をしていたかというと、、

それは、、なんと、、

 

サンタさんです!!!

そう、サンタさんです!!!

皆さんの想像通り昨晩はサンタさんをやってきました!

どういうことかというと、この逢瀬町サンタの活動は昨年度から始まった商工会青年部の新事業なんだそうです!そんでその噂を聞きつけた中潟が「何それ素敵!!」っと思い、ぬるっと参加したっていう話です。

どんな事業かというと事前に連絡をくれた家族のもとに逢瀬町サンタがおもちゃとお菓子を持っていってお子さんたちに喜んでもらおうという事業です。ステキなことやってるわ!

スタンバイ

今年は十数軒のお宅に逢瀬町サンタがお邪魔しました!

めちゃめちゃ喜んでくれる子もいればびっくりして泣いちゃう子もいてとっても面白かったです!間違いなくこっちのほうが幸せな気持ちになってる!

大体2時間くらいのサンタタイムでしたがいくつもの感動ポイントがありました!

まず一個目はこちら

中潟を仲間に入れてくれた!

実は中潟がこのサンタ事業の噂を聞いたのは前日の23日でした。

たまたま別の仕事で商工会に行ったときに事務所にサンタさんの衣装があって「え?サンタさんやるんすか??」と聞いたら商工会職員の鈴木兄さんが「明日やるよ18時くらいから」と、多くは語らない!!

中潟の脳内変換は(「ほうほう、時間教えてくれたなー行っていいのかな??」)と都合よく解釈した中潟は当日ひょこひょこと商工会に行きました。

そしたらすぐに部長の橋本兄さんが「はい、中潟君の参加ね!」とこれまた多くは語らない。うれしい!

そんな具合で多くは語らない青年部の兄さん方がすっと中潟を混ぜてくれました。青年部員じゃないのに、、入ろう!

二個目の感動ポイントはこちら

プレゼントを配るご家庭との連携がすばらしい!

この事業はもちろんご家庭との連携がカギを握っています!

逢瀬町サンタとパパとの綿密な連携でお子さんをすっと玄関に行かせ、鈴の音を鳴らし、その音に気づいたお子さんが目をキラキラさせた瞬間にドアが開き「メリークリスマース!」とサンタが登場する。

簡単のようで簡単じゃないです。ご家庭と青年部の信頼関係が見えて勝手に感動してました!帰り際にサンタさんにビールを渡す感じがたまらなかった!笑

三個目はこれだ

やいや、兄さん方子供より笑ってるじゃないっすか!

これにつきますね!分かるっしょ?(多くは語らない)。

最後に、これが一番感動したかも

お菓子袋手作りなの!?

これは配り終わってから気が付いたのですが、何気なく配っていたお菓子袋が実は職員の鈴木兄さんの手作りだったのです!本人は「セットのやつ高かったんで作りました、すみませんあんまりきれいじゃないですよねー」とおっ社ていましたが、全員一致で「そんなことないよ!作ったのスゲーな!ありがとう!!売ってるやつより良い良い!!」でした。ちゃんとリボンとか付いてて普通に可愛かったです。

この雰囲気たまらないなーって思いました。商工会の職員さんってみんなこんな感じなの??いやいや、鈴木兄さんの人柄でしょう!

最後にしっかりほっこりしました!

素敵な事業に参加できて光栄でした!!この前の神社の青年団もそうだけどもうすぐ4年も逢瀬町にいるのに知らないことばっかりだな!!まだまだだぞ中潟!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です